« April 2006 | Main | February 2008 »

もう知らん

 半袖はやめて
 半ズボンはやめて
 冬ふとんにしたら
 うがいしときよ
 扇風機をつけなさんな

などなど、折にふれては声をかけてきた。でも馬耳東風。あげく、ゲホゲホげほげほ咳をしている。でも薬を飲むわけでもない。医者に行くわけでもない。摂生するわけでもない。あくまでマイペース。

見てるだけで疲れるゎ……。

| | Comments (0)

救いの神

緊張の反動で一日だれだれどよ~んとしていた午後6時前、お嬢からメール。「自転車もってってくれた?」――ぅぅぅ、そういえば、パンクしてるから自転車屋さんにもってってとか言ってたような……。完璧、忘れていた。

帰宅と同時に、怒濤のような文句の嵐。

……そりゃね、忘れたお母さまが悪うございますよ。でもそんなものの言い方をしたら、お母さまはへそを曲げてしまいましてよ。ふん、曲げてやるもん。

もうすぐ十八年になる人生で、お嬢が最高にプレッシャーにかかる時期のただなかにいることはわかっているし(昨日が大学入試の第一弾で、今日・明日は高校の卒業試験で、あさってから本命入試が三連ちゃん)、学校に行くにも入試に行くにも、自転車が必要なこともわかっている。

でも、お母さまはへそを曲げてしまいました。

だいたい、ふだんからもの言いがきつい(以前からちょっと注意しておく必要があると思っていた)←母の詭弁
おまけに、自分で行かない理由が気にいらん(3年で4回パンクしたのが恥ずかしいなんて自意識過剰だよ)←乙女心がわからん
くわえて、爾後の方策を自分で探そうとしない(ほかの自転車さん探してよって、人にたよるなよ)←単に母はめんどくさい

ああ、入試前の娘にかわいそうなことをして……と思いつつ、曲がったへそはもどらない。夕食前のリビングにこのうえなく険悪な空気がただよう。そのとき、

「道具があったかなぁ」

と、のんきなだんなの声がして、救いの神が登場。だんなは道具を引っぱりだしてくると、自転車をもってあがっておいでとお嬢に言った。外は真っ暗だし寒いし小雨もようなので、リビングに新聞を敷きつめる。15分後、パンクは直った。わたしはお嬢にごめんねぇと言い、みなでなごやかに夕餉の食卓を囲んだ。

あとでこそっとだんなに聞くと、険悪なのはいやだしねぇ、あなたはきっと後に引かないしねぇ。

わたしはやっぱりだんなに頭が上がりましぇん……。

| | Comments (0)

感慨にふける

日帰りで都のぼりをしてきた。

救いようのない方向音痴のわたしだが(T_T)、やればできるじゃん♪と少しだけ自信がついた。ま、これはひとえに駅探のおかげだけど。本当に便利な世の中になったものだ。

飛行機の搭乗手続きも、知らない間におそろしく進化していた。ぼーっとしてると世の中に取り残されそう。

伊丹からの発着は、どうしても若かりしころの遠恋を思い出してしまう。あの当時、南の島へ日帰りしてたもんなぁ。お給料日に口座に残っている残金を別口座に移して、それが往復運賃の額になったら日帰りデート(^^;)。空港=涙だったけど、それももう遠い遠い過去になった。

だけどやっぱり空港には特別の思い入れがある。でもよく考えたら、だんなとふたりだけで飛行機に乗ったことって……あったっけ?

| | Comments (2)

今日は平和だ

眉間にしわを寄せて銀行から出ようとしていた――入学検定料に恐ろしい勢いで大枚が消えていく!

すると、ATMの影からひょっこり、3歳くらいの小さな女の子が飛び出してきた。まん丸なお顔に、まん丸なほっぺに、まん丸の小さなおめめに、への字まゆ毛。前髪を上げたあどけない表情で、わたしをじっと見つめている。お嬢そっくり~~!

おもわず頬の筋肉がゆるんでしまった。

そっかぁ、あんなに小さかったのが、大学を受けるまでに無事に成長してくれたんだね。ほんとにありがたくてめでたいことだね。

その話を家でだんなにすると、同じようなことを考えてたんだねと言いながら、だんなが十数年前のMTL時代のビデオテープをごそごそと引っぱりだしてきた。

お嬢3歳、ぼんず1歳。小さくてまん丸なふたりが、大きなソファにちょこんと並んで座っている。ひとり遊びをするお嬢、あれこれとちょっかいを出すぼんず。自宅のソファでは、その17歳版と15歳版が同じように、でも窮屈そうに並んでいる。ビデオを楽しみたいお嬢、すりすりごろごろと邪魔をするぼんず。

あんたら、ひょっとして、成長してないのね(^^;)。


母がヘルパーさんに連れられて近所の整形外科を受診。あの応急処置は正解だったようで、レントゲンでもCTでも問題はなし。三角巾も数日後にははずしてよいとのこと。やれやれ。

| | Comments (0)

どうやら

母の肩は悪化せずにすんでいるもよう。三角巾で吊したままながら、両手でちょっとした動作もできるようになった。それって、肩が腕の重みを支えていられるようになったってことよね? 

そうすると、すぐに三角巾をはずしたがるから困ったもんだ。不便なのはわかるけどぉ。三週間は固定よ! はずしたいなら、まず整形外科できちんと診断してもらわなくちゃね。

そろそろW受験の願書たらなんたら事務関係が動きだした。これからしばらくは、あれこれややこしいなぁ。

| | Comments (0)

手控え

夜八時半、けたたましく緊急呼び出しのベルが鳴った。

これは母の住居とつながっている無線の非常ベルで、わたしが泥のように眠っていても目覚めるように、かなりの音量にしてある。ゆえに、心臓に悪い。さらに、これが鳴る=電話をかけられない=かなりヤバイ、ということなので、よけいに心臓に悪い。

前回は股関節脱臼で、搬送先を確保したうえで救急車のお世話になった。今回は、どうやら肩関節の亜脱臼のようだ。

リウマチを患う母は全身の関節で変形が徐々に進んでおり、少し前には(お行儀悪くも)濡れた手先をぱっぱと振って手首を脱臼しかけた。健康なときと同じように何気なしに動いてしまうと、あちこちに支障が出ている。今日は、病院でレントゲン撮影のためにかぶりの服を何度も脱ぎ着して、肩に負担がかかったようだ。

問題は、専門医のいない夜間診療所に飛びこんだところで、消耗させてしまうだけで何の解決にもならないということ。ましてや今日は一日がかりの通院でかなり疲労しているはず。

ネットで応急処置を検索すると、《冷やす、固定する》とあったので、子どもに三角巾を買いに走らせた。でも薬局は軒並み閉店しており、大手スーパーも最近はそういうの置いてないのよねぇ。

んで、使い古しのシーツ。びびびーっと裂いて三角巾を二枚作った。吊るし用と、胴体に巻く固定用。今晩はとりあえずそれでしのいでもらって、明日の様子見ということに。激痛は何とか治まったもよう=関節が入りかけている??? 前の手首もそれで全快したので、今回もうまくいくといいんだけど。どうか少しでも痛みが引きますように。わたし、明日は仕事なんだよなぁ……。

----
以下は07年の備忘録
・2月頃
石段の存在を忘れて踏み外し。膝を直撃。
・3月
インフルエンザ。タミフルで快癒。
・3月
保冷剤で凍傷。完治に三カ月。
・5月頃
家具を移動して導線を変えたために、転倒して姿見の下敷きに。
・6月頃
不眠が顕著。やや鬱ぎみか。
・7月
入浴中に人工股関節脱臼。身動きできず、救急車のお世話になって真夜中に病院に。

| | Comments (0)

ぼやき

きっかけは、もう忘れた。

でもきっと、腹立ち紛れにわたしがナンカきついことを言ったのだろう、ぼんずが全面抵抗の構えを見せている。昨日とおとついは家で晩ごはんを食べず、どうやらひとりで近所の牛丼やさんに行ったらしい。ま、お年玉でふところはぬくいわな。

始業式の今日は、仕事に出る前に作っておいた昼食用のお弁当を食べ、晩ごはんも家で食べた。そりゃお金って使えば減っていくものね。

いい息子だとは思う。あまり文句を言うと罰があたるとも思う。だけどわたしには、受験生でありながら(それも危うい位置にいる)どうすればあそこまで怠惰になれるのか、どうしてあそこまで易きに流れるのか、どうしても理解できない。

もういいや。自分の落とし前は自分でつけてもらおう。

| | Comments (4)

仕事始め

去年の怒濤のような忙しさに比べると、今年の元旦は人が足りていたこともあって、わりと楽だったらしい。

でも1月3日付けで、派遣社員がひとり、学生バイトがひとり、職場をやめてしまう。ふたりとも若干二十歳ながら本当によく気がついて、骨惜しみせずによく動いて、笑顔のすてきな気持ちのよいお嬢さんたちだった。

戦力としても大打撃だけど、ひとりは思わずクウォーター?と聞いてしまったほどの、骨格のととのった本当の美人さんだったので(性格も文句なし)、彼女を見られなくなるのはちょっと寂しい。もうひとりは、最初こそ着物を着慣れなくて所作ががさつだったが、またたく間に洗練されていき、その吸収力は脱帽ものだった。

3月末には、学生バイトの大ベテランのふたりが社会人になる。若くてはつらつとした世代はどんどん入れ替わり、みんな新しい世界に旅立っていく。みんなみんなとってもいい子たちばっかりだから、行く末に幸多かれと願ってしまうわたしは、ホント、おばさんだ(^^;)。

| | Comments (0)

お正月

ひさしぶりにお正月らしいお正月だった。

元旦はゆっくりめにお祝いをしてから、腹ごなしに近くの厄神さんにお詣りに。家族そろって初詣に行くのも、もしかしたら今年が最後かも? ホントは除夜の鐘をつきに行くか、初日の出を見に行くか、大阪の天満さんへ合格祈願のお詣りに行くかしたかったのだけど、寒波にめげ、おせちの準備に追われて没になった。残念……。

二日は、正月ごとお盆ごとに帰省してくる高校時代の友人が宝塚歌劇の切符を買いに行きたいというので、大劇場に行きがてら軽くランチ。いいお天気で、花のみちをのんびり歩いての散歩が気持ちよかった。女ふたり、おしゃべりは尽きることがなく、時間があっという間に過ぎた。

さて、家族はまだ正月モードだけど、わたしは明日が仕事始め。お天気もまずまずのようだし、心を引き締めてがんばってくるか。

| | Comments (2)

ひさしぶりに復帰!

明けましておめでとうございます。昨年は元旦から出勤でお正月もヘッタクレもなかったけど、今年はちょっとだけ、穏やかな年末年始を過ごせそう。

もうすぐわが家のこぶたたちがW受験です。ふたりの行く先が決まるまでは、それぞれが新しい環境で落ち着くまでは、ちょと振りまわされるかなぁ……。どっちもヤバすぎで確定もらえてないし(T_T)。

自己推薦がアウトだったお嬢は、さほどメゲることもなく、一月の入試をめざしてそれなりに努力しているもよう。塾にも冬期講習にも行かず、ひたすら図書館と学校の空き教室で友だちと勉強しているようだ。一月後半は、約一週間ぶっ通しで入試、センター試験、卒業試験と続くので、体調管理だけが心配かな。

クラブ引退=二学期開始と同時に、ガタガタと大崩れしたぼんずは相変わらず(>_<)。でも、一ヵ月に十回以上遅刻という史上最悪の怠惰から、徐々に持ち直しつつある、か、な、あ? どうしたん?という言葉も呑みこまざるを得ないほどの仏頂面が消えてきたので、少しは安定してきたと思いたい。思っておこう。

わたしは昨年は、途切れることなく下訳や翻訳に関わらせていただいたのだけど、アウトプットが続いたためにかなりの枯渇状態。インプットの重要性をいまさらながら噛みしめております。

こぶたたちが順調に大学生と高校生になれれば、親離れがもう一段階すすむはずなので、家族のあり方もまた少し変わってくるだろう。さて、どんな一年になるだろうか。また、どんな一年にしていこうか。

今年のささやかな目標は、お玄関を毎日みがくこと。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | Comments (0)

« April 2006 | Main | February 2008 »