« 手控え――微熱 | Main | どうぞよいお年を »

コンスタントに一日五ページ

昨日はバイトの仕事納めだった。もうすぐまた年が暮れる。年明け納期のゲラがひとつ。

2008年をふり返ると、けっこう長く感じられる一年で、公私ともにわりと身がつまっていたかもしれない(わたしは蟹?)

無事、短大生になったお嬢は学生生活を満喫しつつ、いつのまにか母と同じところでバイトをすることになり、実は昨日も仲よく肩を並べて仕事に励んでいた(お嬢は年末年始も出稼ぎに行く)。うゎそっくり~!とか、娘さんいやがらへんの?とか、料理長をはじめ厨房さんからもあれこれ言われたが、別に当人たちはなんと言うこともなく、母娘で淡々と職場に貢献して(イヤ、迷惑をかけて)いる。かわいそうなのが、就活。またとんでもない時期に社会に漕ぎだす羽目になったもので、まぁめぐりあわせとはいえ、どこかにご縁がありますようにと祈るばかりだ。

無事、高校生になったぼんずは相変わらずのゲーム三昧、携帯三昧で、前期の中間テストはぼろぼろ。期末テストは少し持ち直して担任の先生に誉めてもらったようだが、それも先生から電話をいただいて知った次第(ふつうわざわざ電話かかってくるか?)。遅刻がちょと多いと言われたのだが、半年で八回なら、中三最後の一ヵ月八回よりはなんぼかましだ。家ではにこりともしないので、先生に友達いますか?学校で笑っていますか?と訊ねると、ふつうに楽しそうにしていますよ、とびっくりされていた。まぁがっこで笑っているならよしとしよう。

どちらも見守りぐあいというか、手綱のゆるめ加減というか、舵取りに悩むところ。キーワード:しあわせにおなり

わたしはといえば今年前半はほんとうに苦しかった。向いてないのではないか、やめた方がいいのではないか、あきらめた方がいいのではないかと、自問自答をくり返す日々。何がそんなにしんどかったのか突きつめて考えていないのだが、ちょっと掘り下げておいた方がいいと思いつつ実は直視を避けている(弱っ!)。夏場、自分を取り戻す時間が少しだけ取れ、続いて、まったく別分野の仕事に少し関わらせていただいて、ちょと立ち直った感じ。そんな折に、おもしろげな、しかしめちゃくちゃきつい仕事に足を突っ込んでしまった。これまでも時間の切り売りをしながらなので常に綱渡りだったが、提出日と残りページを逆算して心底ぞっとしたのは初めてだった。

毎日十時間以上パソコンの前に貼りついても間に合わないかもしれない恐怖。一日五ページならやってやれないことはないかも?なんて甘い考えを抱いたこともあったが、一日五ページをコンスタントに三カ月間訳し続ける力なんぞどこにもないことをいやというほど思い知らされた。納期直前は一週間が三日ぐらいの感覚で過ぎてゆき、いつ寝たのかどれくらい寝たのか、しまいにわからなくなった。連続二十時間くらい稼働するとさすがに指がひきつって動かなくなった。キーボードの切れが悪くてよけいむかついた。何の徴候もなかったといえ、ここでパソコンが飛んだらどうなるの?と考えるだに恐ろしくてバックアップはこまめに取った。食事&間食はきちんきちんといただいたおかげでえらいことになった。

それでも得たものは多かった。自分の限界も今後の課題も見えた。キーワード:コンスタント

今はゲラの到着待ち。もう一度ねじを巻き直さなくちゃ。ただただ仲間に感謝!

|

« 手控え――微熱 | Main | どうぞよいお年を »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 夏場はお忙しい中、ありがとうございました。今回のも名のりをあげてくださってありがとうございます。ほかのお仕事やおうちのこともあるのに、どんだけ大変だろうと思いますが、あの尋常でない納期に対して甘いことは何もいえないので、ただもうみなさんの努力が実ってよい作品が仕上がることと、納品までなんとかみなさんの気力体力がもちますように、アクシデントがありませんようにと祈っています!

 来る年が小夜乃さんにとってさらなる飛躍の年となりますように!

Posted by: えみりい | Dec 29, 2008 at 09:20 AM

本当にお疲れ様です。&ありがとうございました。

 あともう少し、お世話になりますが、どうぞよろしくお願いします。

 場面によって、進めやすいところと難渋するところがあって、いちど引っかかると本当に苦しかったですね。わたしもたくさん勉強させていただきました。でも、苦しかったけど、得るところが本当に多かったです。

Posted by: みじこ | Dec 29, 2008 at 05:28 PM

えみりいさん、

 ありがとうございます。夏場はお世話になりました。ほんとうにありがとうございました。ご報告が遅れていますが、三作中二作はなんとすでに書店に並んでおり、今回のゲラが最後になります。編集さんや印刷さんがどれほど苦労されたかと思うと(校正で訂正が多かった)、申し訳ない限りです……。


みじこさん、

 ほんとうにお疲れさまでした。こちらこそありがとうございました。あの作者、ワタシも時々、別人が分担して書いてるんじゃないかと疑いました。えらくシンプルなところと、わけわかめのところとホントに極端でしたものね。あれが生きた英文というやつなのでせうかね。

Posted by: 小夜乃 | Dec 30, 2008 at 10:06 AM

 小夜乃さん

 今年もあとわずか。たいへんなスケジュールでしたが、お身体は大丈夫ですか? お久しぶりにご一緒することができて、うれしかったです。タイトな日程でも乱れない小夜乃さんのていねいなお仕事を拝見したり、コメントをいただいたりして、わたしもたくさん勉強になりました。

 超短期で完成品にこぎつけるご苦労は、本当にたいへんだったと想像します。ちゃんと寝てらっしゃるのかしらとはらはらしました。お正月はどうぞご家族と(少しでも)ゆっくりなさってくださいね。いろんな要素がてんこもりのシリーズでしたが、わたしは「観光ガイド」の部分が(趣味と一致して)一番楽しかったです。年があけたら図書館で3作全部、リクエストしてくるつもりです!

 それにしても、親子仲良く働けるなんて、いいですね~。もう就職活動なさるくらいに成長されたんですね。

 残り少なくなりましたが、どうぞよろしくお願いします。

Posted by: たんぽぽ | Dec 30, 2008 at 08:05 PM

たんぽぽさん、

 ありがとうございます。こちらこそあれもこれもお世話になり、いろいろと勉強させていただきました。ありがとうございました。「観光ガイド」の部分は調べ出すときりがなくて、わたしは楽しむというよりとにかく齟齬がないようにという感じになってしまって、悲しいです~。
 子どもって、小学校時代は長いけど、あとはあれよあれよという間にすぎていく感じです。下にはまだ手を焼いていますが、上の子はもう対等でおもしろいですよぉ。

Posted by: 小夜乃 | Dec 31, 2008 at 09:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 手控え――微熱 | Main | どうぞよいお年を »