« どうぞよいお年を | Main | 子どもの消えた街 »

pigインフルエンザ

 え? ええっ?!という速さで近くに感染者が増えた。初発の神戸の高校は西へ六駅ばかりか。大阪のほうの高校は東へ少し離れているが、同じマンションに住むぼんずの同級生が通っている。時間の経過とともに、自宅の西で、東で、北で、感染者が増えていく。それも、ほとんど、高校生。うちにも高校生いるしsweat01

 その昔、留学時代に「読書発表会」のために必死で読んだスティーブン・キングの"THE STAND"を思い出した。当時の英語力では読了できず(今もできるか不安だが)、四分の三あたりで投げ出したので結末は知らない。が、冒頭の、致死性伝染病がまたたく間に世界各国に広がっていく描写は、いかにもあり得そうでものすごく怖かった。今回のpigフルーが今のところ弱毒性というのは、本当に不幸中の幸いだ。といっても、うちには、免疫抑制剤服用中で〈要注意〉に該当する母がいるので、油断はできないが。

 ぼんずの高校は、夕方のうちに、一週間休校の連絡がまわってきた。まだ連絡網が行きわたっていないため、担任の先生が一人一人に電話をかけてくださった模様。きっと今日は、今後の対応策の協議に追われて大変だったのではないか。お疲れさまです。お嬢の大学も、昼すぎまでは「月曜は通常授業」とホームページにあったが、おそらく市内高校の休校と連動させたのだろう、夕刻には、同じく一週間休校の掲示が出た。こちらは、すべてホームページ経由なので楽ちんだ。ま、規模がちがうけどね。

 バイト先のホテルは、まだ通常に営業している。でもマネージャーが、ぽつぽつとキャンセルの電話が入ってきていると言っていた。帰りに立ち寄ったドラッグストアでは、店員全員がマスクをつけていた。お客さんの中にもマスクをしている人はけっこう多かった。そのマスクを買いに行ったのだけど、もちろん売り切れsweat02 うがい薬と薬用ソープだけ買って帰る。

 大阪府知事が、「通常の季節性インフルエンザ対応に戻してもいいのではないか」という発言をしていたが、さて、明日以降、どうなっていくことか。とにかく、強毒性に突然変異しないことだけを切に願う。

 ああ、まる一週間、嵩高い子どもたちが家にふたりいるのね……。さすがに今回は、誰かと外へ遊びにいってらっしゃいとも言えないし、ストレスたまりそう……pig

|

« どうぞよいお年を | Main | 子どもの消えた街 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

小夜乃さん

 こちらも今日から24日まで、中高とも休校になりました。ひとりは自宅浪人なので関係ないんですけどbleah
 
 朝からニュースで休校と言ってましたが、学校から連絡がなく、子どもらは落ち着かない様子でした。7時20分にようやく高校からのメールが届き、中学校(徒歩2分)にも「本日休校」の掲示が出されました。

 夏休みは短くなるのでしょうね。25日に再開されるのかどうかもわかりませんし。これからの予定がどうなるのか、しばらく落ち着かない日々が続きそうです。

Posted by: 如月 | May 18, 2009 at 08:46 AM

ああ、そうか、夏休みが短縮される可能性はおおいにありますね。いいのか悪いのかsign02 一週間後には感染拡大が落ちついているよう、いったん終息したあとで大波が襲ってこないよう、祈るばかりです~。

Posted by: 小夜乃 | May 18, 2009 at 01:50 PM

 うちは休校の連絡と一緒に夏休みが一週間短くなる、と釘をさされて帰ってきました。一日中いると、親も子ももてあましますね。

 1週間もたてば落ち着くかな、と月曜には思いましたが、毎日増える数字にどきどきです。もしかしたら自分が感染したことにも気づかずに、ごく普通の生活を続けてる人もいるんでしょうね。

 いや~弱毒性だからのんびりしてられますが、小説の展開を聞くと足がすくみます。

 おたがい、家族ともども、くれぐれも用心しませう。

Posted by: たんぽぽ | May 19, 2009 at 08:01 PM

すこーし増加率が落ちついてきましたね。やはり学校閉鎖は効果があるような。
新聞に、先進国日本での今後の推移は未知の伝染病に対処していくうえでのモデルケースになる、とWHOが注視している、とありましたが、ナンカ複雑……。

Posted by: 小夜乃 | May 20, 2009 at 02:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« どうぞよいお年を | Main | 子どもの消えた街 »